経営方針

flower 経営方針

アロハエンジェルナーサリーは、子どもを育て・仕事も頑張るママを応援します。
そして、そんなイキイキとした女性がたくさん増えることを望んでいます。

同じ想いを持った経験豊富で熱くて優しいスタッフ(保育士)とともに
未来の希望であるお子様を大切にお預かりしています。 たくさんの女性が社会で活躍できる今、
女性の意識や行動は、教育、仕事、結婚、出産において確実に変化しています。

反面、このような女性を取り巻く環境の変化に社会が追いつかず、女性の「不便」が多くの問題を生んでいます。
少子化問題や待機児童問題は、その代表的な例です。

難しい問題ですが、まだまだ環境が改善されたとはいえません。
子どもを預けるにしても、仕事に就いてからでないと手続きができない、
施設を構えるにしても行政の認可制度はなかなか変わらない、という現状です。

世界に目を向けると、スウェーデンでは97% 以上の人が自国を「子どもを生み育てやすい国である」とこたえ、
子育て経験者のうち70% 以上の人が「保育施設」を利用しています
(「少子化に関する国際意識調査(内閣府少子化担当部局2010)」)。

私たちは保育事業を通じて、これらの課題を身近なところから解決し、
女性がいつまでも輝いていられる環境づくりを目指しています。

PAGE TOP